「かく、みる、つなぐ−こころの軌跡をたどる」展から得られたこと

全国精神保健福祉連絡協議会では、平成29年12月2-17日の16日間、ミューザ川崎市シンフォニーホールにおいて「かく、みる、つなぐ-こころの軌跡をたどる」展を開催しました。この展覧会は、こころの健康問題を経験したひとたちとそのアートを中心に据え、イベントや交流をとおして、こころの健康、ひとの繋がり、社会のあり方などについて改めて考え合うことを目的としました。約80点の作品による展覧会のほか、会期中に7回のイベントを開催しました。参加者数は、展覧会来場者626名、イベント参加者の合計240名でした。
日本ではアールブリュットという言葉が福祉分野に広く浸透してきました。アールブリュットとは、正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した、既存の芸術のモードに影響を受けていない絵画や造形を言い、障害者の芸術は価値が低いものという見方を否定する形で生まれたとされます。しかし、それは、芸術中心となり、作者の人生や生活、喜びや悩みと離れてしまう恐れもあります。
今回の展覧会はアールブリュット展ではありませんでした。作者であって、こころの健康問題を経験した人たちが、日々の生活で制作した作品を中心に展示したものです。それらの作品は、こころの健康問題というかたちで人生の困難を経験した作者が、それとどのように向き合い、生きてきたかを、それぞれの表現の中で示したものです。人生の困難を経験することにおいては、作者と観覧者の間に違いはなく、人生における共感がありました。
アールブリュットは障害者の作品というラベリングをしないことで差別をしないという立場をとりますが、それは同時に、障害という側面が可視化されにくいという問題を生じます。今回の展覧会は、作者個々の人生そして作品を尊重し、こころの健康問題への理解を高めることの両立を示したと考えます。
全国精神保健福祉連絡協議会では、今後も、このような展覧会を開催し、アートをとおしての精神保健の啓発に取り組んでまいります。
最後になりますが、この展覧会開催のご支援をいただいた川崎市、日本精神保健福祉連盟、日本財団、ご後援をいただいた皆さま、そして展覧会に作品を出展していただいた皆さま、ご来場いただいた皆さまに深く感謝申し上げます。

全国精神保健福祉連絡協議会
会長 竹島 正

過去のトピックス


2018.04.18
4月20日より事務局を移転します
新住所:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学グリーフケア研究所内
TEL:03-3238-3776 FAX:03-3238-4661
29年度報告30年度計画を掲載しました
役員名簿を更新しました
2018.03.24
トップページに「『かく、みる、つなぐ−こころの軌跡をたどる』展から得られたこと」を掲載しました
2018.01.18
地方精神保健誌37号を掲載しました
各都道府県の活動を更新しました
2017.11.06
トップページの『かく、みる、つなぐ−こころの軌跡をたどる』を開催します」を更新しました
2017.09.29
会報(NO.62)を掲載しました
2017.09.06
トップページに「アートとトークによる多様性尊重の社会づくり展『かく、みる、つなぐ−こころの軌跡をたどる』を開催します」を掲載しました
2017.07.20
地方協会名簿を更新しました
2017.05.12
28年度報告29年度計画を掲載しました
2017.02.03
「つながり、ひろがる自殺対策シンポジウム-自死は、向き合える」が開催されます。
2017.01.26
日本精神保健福祉政策学会第26回学術大会が開催されます
地方精神保健誌36号を掲載しました
各都道府県の活動を更新しました
パネル「相模原の事件から学ぶこと-地域社会のグリーフとして-」を作成しました。必ず「使用に関するお願い」をご確認のうえ、ご活用ください
2016.11.24
自殺ハイリスク者連携支援の手引き作成のための合宿セミナー(主催:日本うつ病センター)が開催されます
2016.11.09
役員名簿および地方協会名簿を更新しました
会報(NO.61)を掲載しました
27年度報告28年度計画を掲載しました
リンク(財)こころのバリアフリー研究会を追加しました
2016.09.20
「シンポジウム相模原事件と精神障害者~胸を張って、生きていこう~」(主催:大阪精神保健福祉協議会)が開催されます
2016.09.05
9月13日開催の「精神保健メディアカンファレンス−相模原の事件が問いかけるもの」は定員に達しました。多くの皆さまのご参加に感謝します
2016.08.10
「精神保健メディアカンファレンス−相模原の事件が問いかけるもの」を開催します
2016.03.22
役員名簿および地方協会名簿を更新しました
各都道府県の活動を更新しました
地方精神保健(NO.35)を掲載しました

更新履歴

ガイドライン報告書

研究報告書 バーチャル美術館 研究報告書

精神保健メディアカンファレンス